夢工房のチラシ印刷

           

Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Recent Entries

w closet×JUGEM

広告に関する法律

薬事法について

薬事法・広告に記載できない表現 参考サイト


厚生労働省 医薬品等の広告規制
厚生労働省のサイト・・・う〜ん難しい(^^;)もっと簡単にして欲しい〜〜

医療広告ガイドラインに関するQ&A(事例集)
具体的に書いてあるので、医療系の方は一読して下さい。


薬事法ドットコム
いろんな分野で書いてあります。

電気通信サービス関連 一般社団法人テレコムサービス協会 手引き・ガイドライン

★ウィキペディア(わかりやすいです)
薬事法と食品表示・食品広告

薬事法は本当に必要なの?

薬事法は、本当に必要なものなのでしょうか?と疑問をいただくことがあります。いろんな業者があるから、規制がやっぱり必要ですが、例えば化粧品を使ってエステによる効果の表現をストレートに記載できないので、まわりくどい言い方になり、かえって消費者にとっては、効果がわかりにくく、何を選んだらいいのかが、見えなくなるのではないかと思います。

広告を作る側「Aという効果が見えているのに書けない」

消費者「Aの効果を求めているのに、広告に記載がないから何を選んだらいいのかわからない」

薬事法は、Aという効果は100%万人に対して、Aの効果があるものなのか?その結果が90%の効果なら10%の人には効果がなく、それは「Aという効果があると記載してはいけない」というのが薬事法ではないかと私なりに解釈しています。消費者とのトラブルはあってはならないことだから、薬事法を守りながら言葉を捜して表現するしかないですね。

それでは、写真を掲載してはどう?

Aの効果を施術前×Aの効果を施術後の比較写真は?
エステ広告のNGとは?大手「たかの友梨」にも改善命令
この記事を読むと、「裏付け根拠のない比較写真の表示はNG」とのことです。
裏付け根拠があればOKなのでしょうけど、説明する長文をつけないとですね。

薬事法とエステ

施術は薬事法の範囲外なので、施術に絡めた広告表現をしている限り薬事法違反にはならないようです。化粧品は薬事法の対象ですが、技術は対象外だからです。

表現に頼らずに、「売り」「安心」「安全」「信頼」
をPRするチラシ作成に力を入れれば良いのではないでしょうか。

0
    • 2013.08.05 Monday
    • 07:25

    Comment
    Send Comment