ネコ店長ぼやき

2013年08月03日のつぶやき

06:55
JUGEM更新しました/ 「ガーデンリフォーム印刷チラシ」 http://t.co/okoLtnoqub
06:55
ガーデンリフォーム印刷チラシ http://t.co/okoLtnoqub #jugem_blog
02:57
JUGEM更新しました/ 「モルディブのお土産品販売カタログチラシ【改版】」 http://t.co/lilxDWdJyA
02:46
モルディブのお土産品販売カタログチラシ【改版】 http://t.co/lilxDWdJyA #jugem_blog
0
    • 2013.08.04 Sunday
    • 03:18

    美容チラシ印刷

    エステサロンチラシ印刷

    顧問医師提携エステサロンチラシ

    エステサロンFD版

    A4チラシ印刷/コート紙90kg

    埼玉県 川口市 エステサロンFD様

    エステサロンチラシ印刷エステサロンチラシは店頭に置いておく用に作成しました。通りがかった方、興味をもった方に見ていただくチラシや、エステサロンを利用されているお客様からの紹介等も考えられます。私もお肌のことや、体のことをちゃんとメンテナンスしないといけないな〜と感じてきた今日この頃ですが、エステは、敷居が高くなかなか利用できないことをお話しながら、打ち合わせしました。「エステを利用したことがない方の意見が聞きたい!」と言っていただきました。
    エステサロンチラシ印刷エステサロンの店内での打ち合わせで、実はわくわくしながら、お伺いしました。いろんなコースがあり、また、化粧品もいろいろ取り揃えていて、お客様により使う化粧品が違うようです。お肌や、ご希望のあわせてその方にそったプログラムも作っていただけるそうです。私はフェイシャルエステが一番人気かと思っていましたが、ボディコースを利用される方が多いようです。気持ち良さそう〜!「うちは他より安くしているんです」これは売りの一つですね。いろんなお話をお聞きして、この店長さんなら別に安くしなくてもお客様は来るような気がしてきました。今回のチラシは、特に配布することもなく、店頭に置いておく案内みたいなもので、手にした方がたくさん入ってきたくなるようにチラシを作ることが重要だと思いました。 プロフェッショナルな方で、お肌のこと、体のことをいろいろ研究し、追求し、美だけではなく、本当によく勉強されているので、「安全」「効果」を入れられるんです。エステサロンを選ぶときは、何を基準で選んだら良いのかがわかってきました。
    「顧問医師提携エステサロン」がオススメです。

    この写真の印刷は、CTPオフセット印刷(CMYK4色)でチラシ印刷しています。

    0
      • 2013.08.04 Sunday
      • 17:27

      ネコ店長ぼやき

      2013年08月04日のつぶやき

      17:37
      JUGEM更新しました/ 「エステサロンチラシ印刷」 http://t.co/io4AlA6qdI
      17:36
      エステサロンチラシ印刷 http://t.co/io4AlA6qdI #jugem_blog
      0
        • 2013.08.05 Monday
        • 03:18

        広告に関する法律

        薬事法について

        薬事法・広告に記載できない表現 参考サイト


        厚生労働省 医薬品等の広告規制
        厚生労働省のサイト・・・う〜ん難しい(^^;)もっと簡単にして欲しい〜〜

        医療広告ガイドラインに関するQ&A(事例集)
        具体的に書いてあるので、医療系の方は一読して下さい。


        薬事法ドットコム
        いろんな分野で書いてあります。

        電気通信サービス関連 一般社団法人テレコムサービス協会 手引き・ガイドライン

        ★ウィキペディア(わかりやすいです)
        薬事法と食品表示・食品広告

        薬事法は本当に必要なの?

        薬事法は、本当に必要なものなのでしょうか?と疑問をいただくことがあります。いろんな業者があるから、規制がやっぱり必要ですが、例えば化粧品を使ってエステによる効果の表現をストレートに記載できないので、まわりくどい言い方になり、かえって消費者にとっては、効果がわかりにくく、何を選んだらいいのかが、見えなくなるのではないかと思います。

        広告を作る側「Aという効果が見えているのに書けない」

        消費者「Aの効果を求めているのに、広告に記載がないから何を選んだらいいのかわからない」

        薬事法は、Aという効果は100%万人に対して、Aの効果があるものなのか?その結果が90%の効果なら10%の人には効果がなく、それは「Aという効果があると記載してはいけない」というのが薬事法ではないかと私なりに解釈しています。消費者とのトラブルはあってはならないことだから、薬事法を守りながら言葉を捜して表現するしかないですね。

        それでは、写真を掲載してはどう?

        Aの効果を施術前×Aの効果を施術後の比較写真は?
        エステ広告のNGとは?大手「たかの友梨」にも改善命令
        この記事を読むと、「裏付け根拠のない比較写真の表示はNG」とのことです。
        裏付け根拠があればOKなのでしょうけど、説明する長文をつけないとですね。

        薬事法とエステ

        施術は薬事法の範囲外なので、施術に絡めた広告表現をしている限り薬事法違反にはならないようです。化粧品は薬事法の対象ですが、技術は対象外だからです。

        表現に頼らずに、「売り」「安心」「安全」「信頼」
        をPRするチラシ作成に力を入れれば良いのではないでしょうか。

        0
          • 2013.08.05 Monday
          • 07:25

          ネコ店長ぼやき

          2013年08月05日のつぶやき

          07:37
          JUGEM更新しました/ 「薬事法について」 http://t.co/nBiXk9ljSn ちょっと難しいですね(^^;)
          07:36
          薬事法について http://t.co/nBiXk9ljSn #jugem_blog
          0
            • 2013.08.06 Tuesday
            • 03:18